令和元年10月20日 兵庫県神河町⑦ 『山里散策、柿採りとこんにゃく作り、秋の食文化体験』

令和元年10月20日(日)
活動フィールド:地域交流センター周辺
秋晴れに恵まれたこの日、神河町内外からたくさんの参加者が集まりました。まずは秋の味覚の収穫体験からスタート! ご近所の柿を採らせていただいたり、センターの畑でサツマイモ掘りやムカゴ探しを行ったりしました。 昼食後からはコンニャクづくりです。ご近所のお母さん方に講師になっていただき、コンニャク芋の説明から作業工程のお手伝いまでしていただきました。 出来立てのコンニャクのふわっとした弾力に、ニッコリの子どもたち&大人たちでした。
その後も作業は続きます。まずは柿の渋抜き作業、お土産に持ち帰りおうちで甘くなった柿をいただくことに。サツマイモは籾殻の焚き火で焼き芋に! おやつを楽しんだら次は夕食作りです。釜炊きムカゴ麦飯とろろがけ、コンニャクの刺身と白和え、秋の果物サラダ、豚汁の5品。たくさんおかわりして大満足の一日でした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です