令和元年8月17日~19日 島根県大田市② 『夏休み高原と海のふれあいキャンプ』

令和元年8月17日(土)
活動フィールド:大田市 魚津海岸
台風一過で快晴の大田市、この日から始まる3日間のキャンプは海遊びからスタート! 午前中は装備を確認し、スタッフの指導の下、泳いだり潜って水中の観察をしたりと思い思いに体を動かします。 午後からは「海釣り」「砂浜で宝探し」「海辺の虫探し」「まだ泳ぐ!」と興味や体力に応じてグループに分かれ、活動しました。

8月18日(日)
活動フィールド:大田市 囲炉裏農家⇒山留センター周辺
活動2日目は中山間部にある築150年の農家さん宅で昔の暮らしを体験させてもらいました。 農家の父さん、母さんのお話に耳を傾け、「昔のかまどでご飯炊き」「豆腐づくり」「五右衛門風呂炊き」の3班に分かれて活動。 かまどで炊いたご飯は「おこげ」が大人気、畑からもぎたてのミニトマトも奪い合うかのように食べつくし! 元気をチャージし午後からは川へ移動し、飛び込み、浮き輪スライダー、生き物探しと遊びました。

8月19日(月)
活動フィールド:山留センター周辺
キャンプ3日目、最終日のこの日は自炊昼食のため、午前中に農家さんへ出かけ野菜の収穫をさせていただきました。 お土産用としても、瑞々しいトマト・ナス・きゅうりをたくさんいただき、さらにはお庭でスイカもいただいちゃいました。 センターに戻り、飯ごう炊さんと下ごしらえを開始。徐々に曇りゆく空の下、走り回って薪を集め、協力しあってなんとか点火。 火加減もよく炊き上がったご飯は、採れたて夏野菜カレーとともに何杯もおかわり♪ 後片付けを終えたころに雨が降り始めたので、屋内でゲームを楽しみ、無事解散しました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です